Develop

All posts in this category.

Display HSB(HSV) Scalar with ofxFlowTools

ofxFlowToolsは流体映像を生成するopenFrameworksの強力なアドオンだ。様々なパラメータを調整することで、粘りのある流体から墨汁のようなものまでかなり幅広い表現を実現することができる。

Read More

PIC24 based DMX Receiver to 5PWM with CCS Compiler

これまで8bit PIC(PIC16FシリーズやPIC18Fシリーズ)を使ってDMX受信を行ってきたが、制御系を一新する意味で16bit PIC(24FJ64GA002)で設計し直すことにした。8bit PICと16bit PICでは異なる部分が多かったがなんとか移植に成功した。

Read More

openFrameworks on the Raspberry PI

ArduinoやPICでは処理が追いつかなくなったのでARMベースのデバイスを実験。まずはRaspberry PI。私の目的であるOSC受信を行うためにはpyOSCという選択肢もあるが、最近openFrameworksでいろいろプログラムしているので、Raspberry PIでも動くのではと思ったら、普通に公式サポートしてますね。サイトの通りにインストールして問題なく動作。下図は、polygonExampleの動作実験。

Read More

OSCから多CH高電流を制御するシステム

以前の記事でArduinoを使ってEthernet ShieldとTLC5940NTを使う方法を書きましたが、その改良版でもあります。結局Arduino1つで2つのハードウェアSPIは不可能なので、Arduinoを2つ使ってArduino同士はI2Cで交信する方法に落ち着きました。I2Cの速度がボトルネックにはなりそうなのでまだ要実験。やはりI2Cの速度がボトルネックで7CH程度でちらつきが起こった。やはりArduinoではEthernetとTLC5940を同時に運用するには無理があるようだ。次はRaspberry PIやmbedを使ってみる。(2013.9)

Read More

Arduino Ethernet ShieldとTLC5940を同時に使う方法

これまではPICオンリーでしたが、やっとArduinoに手を出し始めました。それで早速問題発生。Arduino UNO R3とEthernetシールドとTLC5940を使ってみようとしてArduinoの仕様を確認せずにやっていたら、UDP通信とTLC5940がどうしても両立しない。と、思っていたら海外に対処方法がありました。以下にまとめます。

Read More

MacでPIC開発

私の作品のHimawari、plant、Tentaclesでは、電圧のPWM制御により形状記憶合金の熱制御を行っている。この多chの電圧のPWM制御のためにはマイクロコンピュータのPICMicrochip Technology Inc.)で開発したデバイスを用いている。

Read More

openFrameworks事始め

openFrameworksを使ってみた。今までちょっと腰が引けてたのだが、少し余裕ができたので触ってみた。感想は予想以上に使いやすい。プログラムの作業感はProcessingとほとんど変わらない?上に、実行速度が格段に早く、基本がC++なので逆に自由度が高い。

Read More