BLOG

PIC24 based DMX Receiver to 5PWM with XC16

すでにPIC24(CCSコンパイラ)用に移植したDMX受信プログラムをXC16コンパイラ用に修正した。回路図(下図をクリックして拡大)は前回の記事とほぼ同じだが、PWM出力のピンが異なる。この回路はバイオメタル制御用に開発したので定電流源IC(TICx)やFET(Qx)なども追加している。

XCコンパイラを使ってみた印象ではCCSよりもわかりやすい。CCSは細かい設定をブラックボックス化してくれるので初心者には使いやすいのかもしれないが、PICを使いこなそうとした場合、結局データシートを見ながらレジスタを設定しなければならないことが多く、PICのレジスタを直接扱うXCコンパイラのほうがデータシートの解説と直結するので理解がしやすい。また、これまでWin7環境でMPLAB IDE v8を使ってきたが、今更ながらMPLAB-X IDE(Mac環境)で開発したところかなり使いやすくなっていた。特に、レジスタ名さえわかればビット名をリストアップしてくれる機能のおかげでコーディングスピードがあがり、記述ミスもなくなる。Configration bitの自動生成機能のほか、Code Configratorを使うことで様々は周辺機能も簡単に設定できる。PICの機種間の違いもつかみやすい。進化しているな〜

なお、私のプログラムの知識は完全に独学なのでコードには必要のない部分もあるかもしれない。とりあえず動作するが、あくまで参考程度に。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *