BIOGRAPHY&CV

Akira Nakayasu

Akira Nakayasu (born 1973) is an interactive artist, projection designer, and an educator based in Kanazawa, Japan. He graduated from Kyushu Institute of Technology, where he earned Bachelor of Engineering in 1996, and received Ph.D in Design from Kyushu University in 2013. As an educator, He is currently Associate Professor at Kanazawa College of Art. He works across digital media art and robotics, and often collaborates with the theatrical world, contemporary music and dance. He recently focuses on a life-like expression using robotics, and is inspired by a wiggling tentacle of the sea anemone and by grass blowing in the wind. His works always use proprietary developed shape-memory alloy actuators to realize a life-like movement.

中安 翌

1973年生. 山口県出身. 専門は映像, インタラクティブアート. 制作会社にて映像, 印刷物, CD-ROM, Web制作を経験後, フリーとして活動. 北九州市の劇団「飛ぶ劇場」にスタッフとして在籍していた縁から劇空間における映像演出を手がけるようになる. これまでに関わった主な作品に, 中島みゆき『夜会工場 vol.1』, 三谷幸喜演出『おのれナポレオン』, 鵜山仁演出『現代能楽集 鵺』, 宝塚歌劇団星組『メイちゃんの執事』. 演劇だけでなく, コンテンポラリーダンスや現代音楽ともコラボレーションを行う. 映像以外にもロボット技術を応用したインタラクティブアート作品を制作しており, 独自開発の形状記憶合金アクチュエータを利用した作品を発表している. 博士(芸術工学/九州大学). 金沢美術工芸大学准教授. ACM日本バーチャルリアリティ学会各会員, アジアデジタルアートアンドデザイン学会理事

 

[International Conference (refereed)]
Nakayasu, A. 2016. Luminescent Tentacles. In SIGGRAPH ASIA 2016 Art Gallry, ACM.
Nakayasu, A. 2016. Luminescent Tentacles: A Scalable SMA Motion Display. In UIST 2016 Demo, ACM. (Best Demo)
Nakayasu, A. 2015. Waving Tentacles 8×8: Controlling a SMA Actuator by Optical Flow. In SIGGRAPH ASIA 2015 Posters, ACM.
Nakayasu, A. 2014. A Method for Controlling a SMA Actuator for the Expression of a Kinetic Artwork or Interactive Artwork. In ADADA 2014 Demo, Asia Digital Art and Design Association.
Nakayasu, A. 2014. A Method for Controlling a SMA Actuator for the Expression of a Kinetic Artwork or Interactive Artwork. In ADADA 2014 Posters, Asia Digital Art and Design Association. (Best Poster)
Nakayasu, A. 2014. Waving Tentacles: A System and Method for Controlling a SMA Actuator. In SIGGRAPH 2014 Posters, ACM.
Nakayasu, A. and Tomimatsu, K. SMA Motion Display: “plant”, In ACM SIGGRAPH 2010 Posters.
Nakayasu, A. Himawari : Shape Memory Alloy Motion Display for Robotic Representation, In ACM SIGCHI 2010 Student Research Competition.
Nakayasu, A. and Tomimatsu, K. Himawari Plant Robot: Creature Expression Using Shape-Memory-Alloy Actuator Crowd Robots, In ACM SIGGRAPH ASIA 2009 Emerging Technologies.
Nakayasu, A. and Tomimatsu, K. 2009. Himawari: A Plant Robot. In ACM SIGGRAPH 2009 Posters.

[Journal(refereed)]
中安翌, 富松潔. Tentacles: 形状記憶合金アクチュエータを用いたイソギンチャクの触手の蠢きの表現. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌(3次元インタラクション特集号), Vol.17, No.4, pp299-305, 2012.
Nakayasu, A. and Tomimatsu, K. Himawari: Fabrication of a Robot with Plant Motif. International Journal of Asia Digital Art and Design, vol.12, pp17-22, 2010.
中安翌, 富松潔. plant: Shape Memory Alloy Motion Displayによる葉群のざわめきの表現. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌(アート&エンターテイメント2特集号), Vol.15, No.3, pp289-296, 2010.

[Japanese Conference (not refereed)]
中安翌. SMAアクチュエータを用いたインタラクティブアートにおけるアニマシー表現. 形状記憶合金シンポジウム2015,形状記憶合金協会, 2015.
中安翌. Trio Dialogues: 身体動作と演奏音に反応するインタラクティブ映像演出を用いたコンテンポラリーダンス作品, アジアデジタルアートアンドデザイン学会, ADADA Japan 2015, 2015.(研究奨励賞)
中安翌. CAD/CG、3Dプリンターを用いた造形教育の一事例 —オリジナルフィギュアの制作—. 2014年度日本図学会春季大会学術講演論文集, 日本図学会,  pp63-68, 2014.
中安翌, 富松潔. 形状記憶合金のアート作品への応用事例~himawari prototype ~. 形状記憶合金シンポジウム2008概要集,形状記憶合金協会, pp30-39, 2008.
中安翌, 富松潔. physical integration~身体とメディアの融合~ メディア・パフォーマンスワークショップ. 日本デザイン学会 第5支部 平成19年度研究発表会, pp , 2007.
中安翌, 富松潔. 映像とダンスのコラボレーション「異心傳震」-舞台芸術における映像演出. 日本デザイン学会 第5支部 平成18年度研究発表会, pp , 2006.

[Awards]
ものづくり文化展HAJIME ASAOKA賞「Luminescent Tentacles」
アジアデジタルアート大賞展2016インタラクティブアート部門優秀賞「Luminescent Tentacles」
Best Demo Awards in UIST 2016.
経済産業省Innovative Technologies 2016選出「Luminescent Tenatacles」
アジアデジタルアート大賞展2010インタラクティブアート部門入賞「Tentacles」
ACM SIGCHI 2010 Student Research Competition Semi-Finalist
九州大学学生後援会平成21年度学生後援会学術研究賞
平成21年度九州大学芸術工学府学生表彰
アジアデジタルアート大賞展2009インタラクティブアート部門入賞「plant」
アジアデジタルアート大賞展2008インタラクティブアート部門入賞「himawari prototype」
九州大学C&Cプロジェクト2008総長賞優秀賞「おとぎの国を創る」プロジェクト
九州大学学生後援会平成20年度学生後援会学術研究賞

[Funds]
中山隼雄科学技術文化財団平成28年度第1回国際交流助成, 代表, SIGGRAPH ASIA 2016.
総務省平成28年度異能vationプロジェクト, 代表, うねうねわらわらアニマトロニクス.
科学研究費補助金 基盤研究(C), 代表, 2014年4月1日〜2018年3月31日, 実世界指向インタラクティブアートにおける表現と情報提示の融合.
科学研究費補助金 奨励研究, 代表, 2010年4月1日〜2011年3月31日, 高密度の形状記憶合金アクチュエータアレイによる生物の動きの表現の研究.
財団法人九州大学後援会平成22年度前期学生の国際会議参加に対する助成
財団法人九州大学後援会平成21年度学生の独創的研究計画に対する助成
九州大学C&Cプロジェクト2009「おとぎの国を創る」プロジェクト
九州大学C&Cプロジェクト2007「おとぎの国を創る」プロジェクト

[Patents]
中安翌, 三次元モーション・ディスプレイ装置及びその制御方法, 特願2017-164917.
中安翌, 三次元ディスプレイ装置, 特願2017-164918.
中安翌, 富松潔, リニアアクチュエータ, 特願2010-30445, QP090173.

[Books/Chapters/Sections]
トコトンやさしい形状記憶合金の本, 共著, 日刊工業新聞社, 2016
中安翌, 富松潔. インタラクションデザインとメディアアート–街じゅうアートin北九州2008参加作品「himawari prototype」の制作. デザイン学研究特集号, 日本デザイン学会, Vol.16 No.4, pp14-17, 2009
街じゅうアートin 北九州2008 記録集, NPO 法人創を考える会・北九州, pp34-37 , 2008

[Invited Lectures, etc]
首都大学東京特別講義, プロトタイピング基礎, 2015
Museum × KNZ Fringe ~街と、人と、出会う関連クリエイティブワークショップ, 金沢21世紀美術館, 2015.
「表現する機械~ロボットの新しい形~」, ロボスクエア(福岡), 2009.
ビデオカメラ撮影・編集講習(岡垣町人の駅情報プラザ)

[Video & Projection Design]
2016 「ミュージカルBIOHAZARD-ヴォイス・オブ・ガイア-」(赤坂ACTシアター、梅田芸術劇場)
2015 Trio Dialogues(ダンス/佐成哲夫、音楽/谷本仰、金沢市民芸術村ミュージック工房)
2014 Théâtre de Yûhi Vol.1「La vie ー彼女が描く、絵の世界」(天王洲銀河劇場、梅田芸術劇場)
2013 中島みゆき「夜会工場」VOL.1
2013 ダンスオペラ「魔笛」天野喜孝×IPPEI(サンケイホールブリーゼ)
2013 三谷幸喜演出「おのれナポレオン」(東京芸術劇場)
2012 松村電機製作所メッセージホール 常設デモンストレーション
2011 宝塚歌劇団雪組「仮面の男」 映像監修(映像デザイン/松尾高弘
2011 宝塚歌劇団星組「メイちゃんの執事」 映像デザイン
2010 北九州芸術劇場プロデュース「ハコブネ」 作・演出/松井周(サンプル) 映像送出
2009 中島みゆき「夜会」VOL.16 映像素材提供
2009 鵜山仁演出「現代能楽集 鵺」映像デザイン(新国立劇場)
2008 劇団民藝「海鳴り」映像デザイン(紀伊国屋サザンシアター他)
2008 まことクラヴ「事情地域(山口編)」映像テクニカル (山口情報芸術センター)
2007 青春座「俺の城」映像(北九州芸術劇場・中劇場)
2007 ダンスラボ「迷路のつくりかた」(演出・振付/じゅんじゅん(水と油)、北九州芸術劇場)映像
2007 「physical integration 身体とメディアの融合」(九州大学大橋キャンパス多次元実験棟)
2007 AOI・KOMACHI日本北米ツアー映像テクニカルスタッフ(世田谷パブリックシアター他)
2006 「異心傳震」 映像ダンスパフォーマンス(北九州芸術劇場・小劇場)
2006 「At the time…On the East Coast ~東海岸の作曲家たち~」(山口県 秋吉台国際芸術村)
2005 「谷本仰dialogues#8」 即興バイオリンと即興映像のコラボ(福岡県 ケイトミュージック)
2004-2008 北九州ドラマ創作工房の舞台映像担当
2003 北九州芸術劇場開館記念式典オープニング映像