Luminescent Tentacles

Robotic Sculpture, 2016

The Luminescent Tentacles is an interactive art that is inspired by waving tentacles of sea anemones under the sea. The 256 shape-memory alloy actuators react to hand movement and the top of the actuator softly glows like a bioluminescent organism. Each actuator is actuated by three shape-memory alloy wires. The actuator can bend in six directions by the combination of three currents. The control application interacts with fluid dynamics to realize a kinetic representation like a water ripple. The sound reaction to hand movement creates music. The Luminescent Tentacles provides a comfortable interaction like interacting with sea anemones.

This work was supported by JSPS KAKENHI Grant-in-Aid for Scientific Research(C) 26330418.

International Conference :
Nakayasu, A. 2016. Luminescent Tentacles. In SIGGRAPH ASIA 2016 Art Gallry, ACM.
Nakayasu, A. 2016. Luminescent Tentacles: A Scalable SMA Motion Display. In UIST 2016 Demo, ACM.

Luminescent Tentaclesは、イソギンチャクの触手をモチーフにして制作したInteractive Robotic Sculptureである。触手にあたる256個のアクチュエータはバイオメタルにより駆動し、かざした手の動きに合わせて、先端の光とともに柔らかく曲がる。それぞれのアクチュエータは3本のバイオメタルによって駆動し、印加する電流の組み合わせによって6方向に曲がることができる。アクチュエータ毎に1個のマイコンを実装して分散処理することで、多数のアクチュエータを滑らかに制御することを可能にした。流体シミュレーションをベースとした制御プログラムによって、波紋のように触手の動きが伝搬する表現を実現した。手の動きをトリガーとし、ソフトウェアシンセサイザーから発生する音によって音楽が奏でられる。その様子は、海に漂うイソギンチャクの触手のようでもあれば、風になびく葦をも想像させる。暗い空間に浮かび上がる光のまたたきと微かな動きは、どこかで見た風景、夢で見たような風景を思い起こさせる。

Awards:
ものづくり文化展2016HAJIME ASAOKA賞
アジアデジタルアート大賞展2016インタラクティブアート部門優秀賞
Best Demo Awards in UIST 2016.
経済産業省Innovative Technologies 2016選出