BIOGRAPHY

 

Akira Nakayasu (born 1973) is an artist, visual designer, and an educator based in Kanazawa, Japan. He graduated from Kyushu Institute of Technology, where he earned Bachelor of Engineering in 1996, and received Ph.D in Design from Kyushu University in 2013. As an educator, He is currently Associate Professor at Kanazawa College of Art. He works across digital media art and robotics, and often collaborates with the theatrical world, contemporary music and dance. He recently focuses on a life-like expression using robotics, and is inspired by a wiggling tentacle of the sea anemone and by grass blowing in the wind. His works always use proprietary developed shape-memory alloy actuators to realize a life-like movement.

→Research Achievements(研究業績)
→Achievements in  Visual Design for Performing Arts(劇中映像演出実績)

 

中安 翌(なかやす あきら)

金沢美術工芸大学准教授
専門:映像、インタラクティブアート、ヒューマンコンピュータインタラクション
博士(芸術工学/九州大学)、学士(工学/九州工業大学)
所属学会: ACM日本バーチャルリアリティ学会アジアデジタルアートアンドデザイン学会理事

1973年生まれ、山口県出身。制作会社にて映像制作、印刷物制作、CD-ROM制作、ウェブ制作を経験後、フリーとして活動。北九州市の劇団「飛ぶ劇場」にスタッフとして在籍していた縁から劇空間における映像演出を手がけるようになる。これまでに関わった主な作品に、中島みゆき『夜会工場 vol.1』、三谷幸喜演出『おのれナポレオン』、鵜山仁演出『現代能楽集 鵺』、宝塚歌劇団星組『メイちゃんの執事』。演劇だけでなく、コンテンポラリーダンスや現代音楽ともコラボレーションを行う。映像以外にもロボット技術を応用したインタラクティブアート作品を制作しており、独自開発の形状記憶合金アクチュエータを利用して「ざわめき」「うごめき」の表現を生み出している。Ars ElectronicaやSIGGRAPHで発表を行う。作品「Luminescent Tentacles」は経済産業省Innovative Technologies 2016選出。現在、総務省平成28年度異能vationプログラムに採択され研究を進めている。