1. 3軸加速度センサーとは

3軸加速度センサーは、XYZ軸の3方向の加速度を測定できるセンサーで、携帯電話やゲームのコントローラ、PCの落下検知、ロボットの姿勢制御等に用いられている。特に3軸地磁気センサと合わせて電子コンパスとして機能することができ、GPS(Global Positioning System, 全地球測位網)と連携した様々なサービスが利用されている。

下図は、iPhoneに実装されている3軸加速度センサー。(参照元

engineerguy-accelerometer-smartphone

3軸加速度センサーは、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)という技術によって実現されている。MEMSは超小型の機械構造を作り出し電子回路と組み合わせることができる最新の技術で、このMEMSにより様々なセンサーやアクチュエータが開発されている。下図は、MEMSで実現したダニより小さなギア。

arduino3jiku_mems

下映像は、英語の解説だが、3軸加速度センサーの仕組みがよくわかる。「How a Smartphone Knows Up from Down(スマートフォンはどうやって向きを認識しているのか)」