Digital Fabricationとは

デジタルファブリケーションとは、3Dプリンターやレーザーカッター、ミリングマシン(CNCルータ)といった工作機械を使ってコンピュータのデジタルデータから実体を出力する技術のことを呼ぶ。

M2_xlrg_with_shadow_grande_s

特に、近年の3Dプリンターの高性能化、低価格化によって今大きく注目され、クリス・アンダーソンが執筆した「Makers」をきっかけに大きなムーブメントが起こっている。オバマ大統領が一般教書演説で触れたことにもあるように、モノづくりの根底を変える革新的なテクノロジーとして大きく注目されている。

これまでのモノづくりを単に置き換えるだけでなく、CGテクノロジーやクラウドコンピューティングと融合することで、これまでにない製造手法が生まれ、CADデータをネットワークで共有することでモノづくりのアイデアが加速度的に進化し続けている。

3dprinter_sample1

 

3Dプリンターが描く未来の動画 – the future of 3D Printer innov

Full Printed from nueveojos on Vimeo.

 

また、現代美術家の名和晃平氏は作品制作に3Dプリンターを利用するなど、工業製品だけでなくアートの分野にもデジタルファブリケーションの動きが浸透しつつある。

nawa_sakuhin1

block_01_s

韓国・チョナン市に設置された“Manifold”(引用元:pen online

kohei-nawa-02s

 

<参考URL>

大学図書館に「誰でも使える」3Dプリンタを導入したSFC その狙いは

Fablab Japan

3Dプリンターに関する記事(IDEA★HACK)

モノづくりが変わる!デジタルファブリケーションの未来

オバマ大統領が一般教書演説で3Dプリントに言及

なんでも自分たちで作ろう、パーソナル・ファブリケーションの実践 

ソーシャル・ファブリケーションに向かって