1. メディア・テクノロジーのパラダイムシフト

数十年前までは異なるテクノロジーの上に構築されていた音楽、文字(印刷)、写真、映像といったメディアは、今ではその全てがデジタル技術のもとに完全に補完されたといっていい。DTM(デスクトップミュージックは和製英語、英語ではComputer Music)、DTP(Desktop Publishing)、DTV(Desktop Video)の名称が意味するように、それらはすべてコンピュータによって制作されるようになった。もう昔話だが、音楽、印刷、映像のすべての業界では、それまでのアナログ技術が崩壊し、そこに関る技術者や制作者の笑い話とは言えない人員整理さえ起こったのだ。

mp003
レコード、CD、テープレコーダー、オープンリール、iPod

mp005
活版、写植、DTP

mp004
映画用35mmカメラ、映写機、BETACAM-SP業務用カメラ、VHS、プロジェクター、デジタルシネマカメラ

しかしながら、このようなメディアのデジタル化は、技術者にとっては大きな変革であったものの、音楽、文字、写真、映像というメディアはもともと存在していたメディアであり、一視聴者や閲覧者から見ればそれらのコンテンツとしての受け取り方そのものに変化はなかった。それよりもインターネットやスマートフォンという端末の出現のほうが革命的であり、観る環境、聴く環境、読む環境を変えた。デジタル端末はすべてのメディアを物理的に融合することで、それまでの音楽=レコード、映像=TVや映画、文字情報=印刷物、写真=印画紙のようなメディア=モノのイメージを取り払った。

一方、作品表現という意味では、いつの時代も新しいテクノロジー=新しい表現であり、制作者にとってはチャンスでもあった。先進的は制作者は、このデジタル化の波を受け入れ、乗り越えることによって新しい表現や制作手法を生み出していった。コンピュータを使った制作は、単にこれまでのアナログツールをデジタルツールに置き換え、効率的に作業を行うことができるだけでなく、プログラミングを用いてそれまでの手法では到底作り出せないものまで生みだした。それは、ミニマルミュージックやジェネラティブアートといった音や視覚の表現だけでなく、建築物や製品などの実体のデザインにも広がっている。

mp000