1. MIDIとは

Musical Instrument Digital Interfaceの略で、電子楽器デジタルインタフェースの世界共通規格。楽器同士を接続して演奏情報を伝達するためのハードウェアおよびソフトウェアやファイル形式まで多岐に渡る。特にMIDIインターフェスを装備した電子楽器をMIDIコントローラ。その音源をMIDI音源と呼ぶ。シンセサイザーやコンピュータを使った音楽制作にはなくてはならないものである。

しかしながら、MIDIは1982年に実装されたもので、現在では通信速度や柔軟性に難があり、MIDIの代替規格としてネットワーク経由で演奏情報を伝達可能なOSC (Open Sound Control)も使われ始めている。とはいえ、新旧の電子楽器の混在する現在ではまだまだMIDI規格は利用され続けるだろう。

processingmidi_1-1
様々な形のMIDIコントローラ

 

processingmidi_1-2
MIDI音源(ハードウェア)

 

processingmidi_1-3
MIDIインターフェース

 

シンセサイザーやコンピュータによる音楽制作には欠かせない規格であり、MIDIのコンセプトを築いたとされるローランドの創業者である梯郁太郎(かけはし いくたろう)氏は2013年にテクニカル・グラミー・アワードを受賞した。

Ikutaro_Kakehashi

 

参考書籍

MIDIバイブル〈1〉MIDI1.0規格 基礎編