Trio Dialogues

Trio Dialoguesは、インタラクティブ映像演出を用いたメディアパフォーマンス作品。2015年5月16日(土)に金沢市民芸術村で行われた石川ダンスフェスティバルの参加作品として発表。上演時間は約45分。

身体表現や演奏とインタラクティブ映像を融合させた舞台表現を行っている。ダンスは佐成哲夫、宝栄美希、崎山莉奈の3名のコンテンポラリーダンサー。演奏は谷本仰。バイオリンをベースに様々な鳴りもの、電子楽器を利用して即興により音を紡いでいく。

舞台床面に投影される映像はすべてopenFrameworksを用いて開発したプログラムによりリアルタイムに生成されるもので、身体動作と演奏音に反応する。作品の中では、OpenCVによる矩形トラッキングにより「拘束される身体」、Box2Dの物理シミュレーションによる「圧迫される空間」、音の大きさによる粒子状パーティクルの「音の波紋」、粒子状パーティクルによる「水遊び」などの表現を実現している。

s_all4_blog用

全体のシステム概略を下図に示す。身体動作と演奏音を 解析して映像を生成するプログラム(メインプログ ラム)はopenFrameworks を用いて開発しているが、床面 投影のマッピング処理に関してはVJ ソフトウェアである Resolume Arena 4の機能を利用している。また、シーン毎の パラメータの切り替えは、タイムラインインターフェース でOSC (Open Sound Control) を制御できるソフトウェア Vezérを利用した。

システム概略図2

メインプログラムには「ダンサーの位置検出」「物理シミュ レーション」「演奏音の大きさの解析」「流体シミュレーシ ョン」などの機能を実装している。これらの機能は openFrameworks(バージョン0.8.4、Mac OSX 10.9)の基本 機能をベースに、7 つのアドオン(ofxOpenCv、ofxCv、 ofxBox2d、ofxFlowTools、ofxOsc、ofxSyphon、ofxGui)を 追加して利用している。これらの機能を1 つのプログラム 内で切り替えて動作させるために、4 つのモードを用意し ており、下図 はその内の2 つのモードを示したものである。 それぞれのモードでは、パラメータを変化させることで映 像表現を変化させることができ、外部アプリケーションか らOSC によって制御することもできる。

tdプログラム画面まとめB3_blog用

国内口頭発表: 中安翌. Trio Dialogues: 身体動作と演奏音に反応するインタラクティブ映像演出を用いたコンテンポラリーダンス作品, アジアデジタルアートアンドデザイン学会, ADADA Japan 2015, 2015.(研究奨励賞)PDF